一枚の幸せ絵本 Girls be ambitious

女。女の子。女子。女性。

呼び方は色々あるけれど、とても一言では表わせない。

とても柔らかくて、繊細で複雑で、でも素晴らしい。

めんどくさくて、難しい生き物。

時々ないものねだりになったり、自分を嫌いになったり、凹んだり。

そんな事もたくさんある。

そんな時期は多分誰にでもある。

でもそこからが自分の腕の見せどころ。

女の子は自分次第でどんな風にだって生きられる。

どんな風にだって輝ける。

おもいきり凹んだ後、自分をどう見つめるか?自分のをどう受け止めて良いところを輝かせるか?

そこが一番大事なのじゃないのだろうか?

女の子は自分を愛して自分をときめかせて、自分の毎日を楽しんでナンボ。

自分を少しでもアゲてナンボ。

まずは自分。

自分を精一杯楽しませよう。

自分の小さな楽しみを

人がどう思っても本当は関係ない。

人に合わせてばかりいたら自分が分からなくなってしまう。

まずは自分。

そうして小さな楽しみ、ときめきを重ねていると笑う事が増えていく。

今まで過敏に反応してた嫌なことがどうでもよくなるときがくる。

なんでか知らないけど、楽しいことが増えていく。

周りも笑顔にすることができる。

なんて素敵なんだろう。

女の子のキラキラした笑顔は。

精一杯おしゃれして輝こうとしている姿は。

泣きながら少しずつ前に進もうとしている姿は。

その涙をぬぐって一生懸命進もうと決意している一瞬を人は見逃すはずがない。

そんな姿を人は美しいと思うにちがいない。

みせかけのハリボテはすぐに見抜かれる。

目先の小さな造作なんてその輝きには関係がないのだろう。

そんな小さな事を気にして、自分の本当の美しさを濁らすのはもったいない。

人の美しさはその小さなものさしで計るものではない。

数字も関係がない。

本当に美しい人は何歳になっても美しく、人を惹きつけ、包み込む。

美しい生き方をしている人は自分のストーリーを持って楽しんでいる。

いつまでも夢を持って生きている。

もう何歳。など言い訳をしない。

人と比べたり全くしない。

そんな姿は人にパワーを与える。

そして女の子はきっと全員そうなれるのだろう。

自分の中の原石を磨き、輝き、楽しむ。

その先の世界はきっともっともっと輝かしい。

私もそんな生き方がしたい。

強くそう思ってこの絵を描いた。

ひたすら女の子を応援する絵。

女の子と言ってるから誤解を生むかもしれないけど、何歳でも関係がない。

あなたは本当に美しいのだ。

本当に唯一無二の原石だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です